社長の一言(無断転記禁止)

Home

0632018/08/14(Tue) 17:35

お盆休みになりました。楽しみですね
みよし家は、6日連休の人もいます 日頃のストレスを発散して、休み明けから「バリバリ仕事しましょう」
ちなみに私は、休みなしです(*_*)

0622018/08/02(Thu) 18:45

7月よりスタートした訪問介護が実働しています。
利用者様に喜ばれるようにがんばります。親切丁寧な仕事を心がけます。

0612018/06/28(Thu) 13:59

訪問介護(ホームヘルプ)7月より稼働します
ご用命 宜しくお願い致します。

0602018/06/26(Tue) 16:48

http://geltron.jp/  より抜粋しました
株式会社パシフィックウエーブのジェルトロンマットレスは
アメリカの宇宙船内用衝撃緩衝材の研究開発から生まれたジェルを二層一体成型に改善し、 立体格子型グミ状ジェルと進化させたのがジェルトロンです。
本当に素晴らしいマットレスです。是非とも皆様試してみてください。

0592018/06/18(Mon) 17:53

パシフィックウエーブ 社長田中啓介様ブログより
寝返りの正しい理解 紹介します
私たちは睡眠中の体の動きについて単純に「寝返り」という表現をしますが、果たして寝返りとはどのような動きを指すのか、なかなか定義自体が難しいのです。敷き寝具(睡眠具)の業界においても非常に曖昧な解釈がなされており、各メーカーによって寝返りを定義する定規が不明確なのが現状です。その実例として、十数年前に女性の生理用ナプキンのテレビコマーシャルで「人は一晩に34回寝返りをする…」と表現し、さらにある敷き寝具メーカーでは「自社商品を使用すると一晩に10回の寝返りが2回に減る…」と表現しているのです。どちらも専門医の指導の下に表現しているにもかかわらず、34回と10回では3.4倍の違いがあるわけです。わかり易い表現をすれば1mの定規を30pというようなものなのです。このように寝返りというものは非常に曖昧なまま表現されており、一般的な解釈ですと仰臥(仰向け)から90度横に向くことを寝返りと考えている人が多いのが現状です。しかし、例えば介護の分野においては「仰臥の状態で仙骨部分に発生した血行障害を左右どちらかに向きを変えて血行障害を解除すること」を寝返りと定義しています。具体的に体の向きが何度傾けばいいのかではなく、自力で血流を確保できるだけの体の動きができればいいということです。現在の介護認定制度の問題点は、このようなところにも存在しており、曖昧な定規によって判定している限りは不公平が発生し、介護保険の要介護度にも大きな影響を及ぼすことになってしまっているのです。

no_back

page:1

admin only:
© CGI's